ShimaShimaで写真を撮影する

魚眼レンズ「ShimaShima」はデジカメにあてて使うコンバージョンレンズです。
撮影した写真は、専用ソフトウェア「Zenkei Curator」でZENKEI映像(パノラマ)に変換し、
ウェブに公開できます。
ここでは、ShimaShimaを使った写真撮影方法をご説明いたします。

 

撮影方法

デジカメの設定

デジカメの設定は「オートモード」(メーカーによっては名称が異なります)にしてください。
設定方法につきましては各デジカメのマニュアルをご参照ください。

 

カメラの構え方

魚眼レンズShimaShimaを左手の人差し指と中指の間に、落下しないようしっかり挟みます。
デジカメを右手に持ち、レンズの先端部にShimaShimaをあてて構えます。

 

この時、デジカメがなるべく水平になるように構えてください。

 

撮影時は写真に「レンズ認識コード」が正しく写るようにしてください。
レンズ認識コードが正しく写っていないと、ZENKEI映像(パノラマ)に変換できません。

デジカメのズームで写真の円を大きくすると、変換後の画質が良くなりますが、
ズーム倍率を上げすぎるとレンズ認識コードが写らなくなる場合がありますのでご注意ください。

 

以上でShimaShimaを使った写真撮影は完了です。

 

次は、撮影した写真をZENKEI映像に変換してみましょう。

ShimaShimaで撮影した写真をZENKEI映像に変換しよう